岡 寺
おかてら

東光山真珠院龍蓋寺
真言宗豊山派
所在地
奈良県明日香村岡

御本尊 如意輪観音坐像
由  緒
天平十二年(740)七月の写経所啓(正倉院文書)に岡寺の寺名が見えるので、当時すでに存在していたことが知られる。創建については、七世紀末から八世紀前半に僧義淵が国家隆泰・藤原氏栄昌のため、草壁皇子の宮地を寺としたのに始まると考えられる。奈良中期には、東大寺社経所と関係を持ち、また天平宝字六年(762)四月には封50戸を施入されている(続日本紀)。新薬指示・ヘッケ・招提・弘福・本元興・崇福・西・海龍王・龍蓋の九寺の安居の講師を請じて、最勝会の立義僧とすることを命じた貞観10年(868)10月4日の太政官符は、平安初期における岡寺の地位を示すものである。しかしその後、奈良興福寺末となり、興福寺僧が別当に任じられた。創建時の伽藍の様子はつまびらかでないが、現在の岡寺境内の西方に続く治田神社の付近に礎石が存在し、白鳳時代の五葉複弁蓮華文丸瓦・葡萄唐草文軒平瓦が出土する所から、同地に伽藍があったとみられる。
平安時代から西国三十三所観音七番霊場としての信仰を集め、江戸時代には貴賤衆庶の巡杖場として賑わった。      -寺院神社大辞典より抜粋-


仁王門

仁王門

大師堂

本 堂

龍蓋池

瑠璃井

石楠花

稲荷社

奥之院石窟


しゃくなげ


三重塔
inserted by FC2 system