畝尾坐健土安神社
うねおにますたけはにやすじんじゃ

旧社格 村社・式内大社
所在地
奈良県橿原市下八釣町138

御祭神 健土安比売神 (たけはにやすひめのかみ)
天児屋根命 (あめのこやねのみこと)
由 緒
天の香久山北西麓、畝尾都多本神社北隣に鎮座。近世に天照大神と称したが、「延喜式」神名帳十市郡の『畝尾坐健土安神社』に比定「大和志」。旧村社。畝尾の訓について、『延喜式』金剛寺本はウネヒ、九条家本はウネヲとし、十市郡には畝尾都多本神社の名もみえる。「古事記」神代巻の『香山の畝尾の木の本』はウネヲと読むのが定説になっており、式内社の場合は香山のうねりをもった山の尾に鎮座する神と解釈されている。畝尾坐健土安神社は「日本書紀」神武天皇即位前紀己未年二月二十日条に「天皇、前年の秋九月を以って、潜に天香山の埴土を取りて、八十の平瓮を造りて、躬自ら斎戒して諸神を祀り給う。遂に区宇を安定むること得たまふ。故、土を取りし処を号けて、埴安と曰ふ」とみえる埴安に鎮座した土霊とされる。天平二年(730)神戸の祖稲90束のうち4束を祭紳料に充てられ、天安三年(859)一月二十七日、従五位下より十五位上に昇叙した(三代実録)。また大同元年(806)に大和国に紳封一戸を充てられた畝尾神は(新妙格勅符抄)、当社のことか畝尾都多本神社のことか明らかでない。なお「日本書紀」神武天皇即位前紀戌午年九月条に埴土を取ったと記す「天香山社」は、同じく十市郡の式内社天香山坐櫛真命神社のことではなく、当社をさすとする説もある(大和志料)。神社と天香久山との間に赤埴山という小丘があり、埴安伝承地の石碑が建つ。「磯城郡誌」は「赤埴山。香久山の西北に接続し、全山赤色粘土なれば赤焼土器に適するならん。土人これを赤せん山と称し、香久山の中央西側は白色粘土なるを以って、土人これを白こと称せり』と伝える。
     -寺院神社大辞典より-


八釣山地蔵尊の前に鎮座。

ここは、天香久山の北麓で西から畝尾都多本神社・本社(畝尾坐健土安神社・八釣山地蔵尊・天香久山神社とわずか数百メートルの内に並んでいる。
inserted by FC2 system