統神社
すえじんじゃ

旧社格 村社
所在地
奈良県五條市須恵2-7-25

御祭神 主祭神 誉田別命 (ほんだわけのみこと)
末社祭神 猿田彦命 (さるたひこのみこと) 猿田彦神社
大物主命 (おおものぬしのみこと) 琴平神社
木花咲弥姫命 (このはなさくやひめのみこと) 木花咲弥姫神社
保食神 (うけもちのかみ) 稲荷神社
由 緒
須惠の丘陵上に鎮座。元慶五年(881)10月、従五位下を授けられた「大和国統神」(三代実録)に比定され、俗に八幡と称する。誉田別命を祀る。旧村社。統は本来スベと読むべきであるが、現在はスエと称している。飛鳥・奈良時代の窯跡もある。鎮座地を神宮寺といい、境内末社の猿田彦神社は入母屋造の仏堂である。須惠一丁目の桜井寺が神宮寺であったが、北方の岡口一丁目にある井上院(現廃寺)ももとは当社に接してあったと伝える。
     -寺院神社大辞典(大和・紀伊)より-


五条駅南側からの遠景
前の駐車場はパチンコ店の駐車場です

神社全景

本殿

市杵島姫神社と木花咲耶姫神社

琴平神社

猿田彦神社

拝殿の右側になります
ここだけが特別な感じで祀られています。
inserted by FC2 system