湊川神社
みなとがわじんじゃ

旧社格 別格官幣社
所在地
兵庫県神戸市中央区多聞通3-1-1

御祭神 主祭神 楠木正茂公 (くすのきまさしげこう)《 大楠公(だいなんこう)》
配 祀 楠木正行卿 (くすのきまさつらきょう) 小楠公(しょうなんこう)
楠木正季卿 (くすのきまさききょう)以下一族十六柱
菊池武吉卿 (きくちたけよしきょう)
摂社祭神 大楠公夫人 (だいなんこうふじん) 甘南備神社
末社祭神 宇賀魂命 (うかのみたまのみこと) 楠木稲荷神社
大宮女命 (おおみやめのみこと)
猿田彦命 (さるたひこのみこと)
菅原道真 (さるたひこのみこと) 楠木天満神社
由 緒
大楠公は、元弘元年(1331年)九月に後醍醐天皇の命に従い挙兵、やがて鎌倉幕府を崩壊に導き、「建武中興」に大きな功績を挙げられた。しかし、謀反により一時九州へ敗走した足利尊氏の大軍を、大楠公は、ここ湊川で迎撃、激戦の末、延元元年(1336年)五月二十五日、弟正季卿と「七生報国」を誓って刺交し、洵節を遂げられた。その後墓所は、豊臣秀吉検地の際、免租地とされ、江戸時代初期には攝津尼崎藩主・青山幸利公によって松と梅が植えられ、五輪の供養塔も建てられた。さらに元禄五年(1692年)、水戸光国公(儀公)によって、墓碑「嗚呼忠臣楠子之墓」が建立、大楠公が天下に顕彰された。
これにより、大楠公景仰の機運が愈々高まり、やがて維新回天への力強い精神的指導力となった。そうした幕末から維新にかけて、尊崇して已まない大楠公、その後心霊を奉斎死体と云う国民運動が盛んになり、明治元年(1868年)四月、明治天皇は、神社創祀の御沙汰書を下された。よって明治五年(1872年)五月二十四日、社名を「湊川神社」とし、初めての別格官幣社に列せられ、同日鎮座祭、翌二十五日楠公祭が斎行されて、ここに湊川神社が創建された。
     -境内の由緒板より-


表神門

神戸駅前から北に参道があり、国道28号線をはさんで神門があります。

神門横の由緒書

境内案内図

拝殿前に緋毛氈が敷かれていた。七五三詣りのためなのかな。

六角堂

楠本稲荷神社

菊水天満神社

御祭神 菅原道真公

菊水天満神社 本殿

楠木正茂公戦歿地

徳川光国公銅像
inserted by FC2 system