猿田彦神社
さるたひこじんじゃ

旧社格 無格社
所在地
三重県伊勢市宇治浦田二丁目

御祭神 主祭神 猿田彦大神 (さるたひこおおかみ)
相 殿 大田命 (おおたのみこと)
摂社祭神 天宇受売命 (あめのうずめのみこと) 佐瑠女神社
由 緒
猿田彦大神は天孫降臨の時、天八衢に待ち迎えて、啓行をされ、天孫を高千穂へと導かれてから、天宇受売命に送られて、伊勢の五十鈴の川上に来られ、ここを中心に広く国土を開拓指導された地主の神で、皇大神宮がこの地に遷座されたのは天上からの幽契によると古書に伝えて居ります。
垂仁天皇の御世に皇女倭姫命が神宮鎮祭の地を求めて諸国を巡歴された時に、猿田彦大神の御裔の大田命がお迎えして、大神以来守護してきた五十鈴の川上の霊域を献上して、伊勢の神宮を創建申し上げました。大神と大田命との子孫は宇治土公と云い以来永く玉串大内人と云う特殊な職承に任ぜられて代々奉仕して来ました。
御新徳高い大神は佐田大神、千勝大神、白髭大神、道祖紳、さいの神、庚申さま等々として津々浦々にお祀りされますが、日本書紀にも伝えられている通り、大神本拠の地であり大神の末孫宇治土公家の累代奉祀する特色ある本社であります。
大神は古来物事のはじめに災害を祓い、万事最も善い方へ導き給うとされ、特に地祭り方除、災除、建築、移転、開業、商工業の繁栄、豊産、豊漁、開運の御祈祷を全国から出願されます。
     -神社の御神徳略記より-


神社境内

拝  殿

佐瑠女神社(境内社)

御祭神 天宇受売命(あめのうずめにみこと)
ご本殿が、中に祀られています。

さざれ石

本  殿
inserted by FC2 system