鷺栖神社
さぎすじんじゃ

旧社格 郷社・式内社
所在地 
奈良縣橿原市四分町三0五番地

御祭神 主祭神 天兒屋根命 (あめのこやねのみこと) 右殿
譽田別命 (ほんだわけのみこと) 中殿
天照皇太神 (あまてらすすめらおおかみ) 左殿
由 緒
略由緒 
当社は里人鷺栖八幡と称し「延喜式神名帳」に「鷺栖神社靭」とあり、「古事記垂仁天皇紀」に 鷺栖池の記事と「釋日本紀」所引「氏族略記」には鷺栖坂の「玉林抄」に「按するに鷺栖の地名今四分村に在り」と云い又、池坂も神社の附近にありました。
又右御祭神をもって大和三山の中心地点に創立されたものでありますが、その年代は詳かでありません。
しかし延喜式内社として古くから広く知られている事から考えてみると、たしかに千数百年以前の創立にかかるものと思われまさに藤原京以前の旧社であることは、うたがい得ぬ事実であります。
「古事記」によれば垂仁天皇の皇子たる本牟智和気皇子が出雲大社に御参拝の折、ここに お立寄りになり御祈願あらせられた事になっております。
なほ、「大和志」巻十四に「鷺栖神四分村に在り」、中古より鷺栖八幡と称せられ武神として崇敬高く、次で安産の守護神ともなり地方人からあがめられた」といふ意味のことが記されています。
尚同じく「鷺栖八幡」と称し、(城殿、小房、縄手 、醍醐、四分)の五大字で祭祀にあづかるといふことが記されて居ます。
     -(境内の由緒略記より)-

神社入口より
飛鳥川の堤防から
歌碑
万葉歌碑

柿本朝臣人麻 ひさかたの 天知らしぬる 君ゆえに日月も知らず 戀ひ渡るかも

今は、菀去されて天をお治めになってしまった高市皇子であるのに、月日の流れ去るのも知らず、いつまでも恋い慕いつずけるわれわれである。という意味です。
この碑文は飛鳥寺住職 山本雨宝氏による 橿原市教育委員会
境内
境内

正面は、拝殿
玉垣と本殿

玉垣と本殿
社務所

境内の社殿
狛犬 狛犬
狛犬
拝殿からの本殿
拝殿からの本殿
本殿
本殿
絵馬

拝殿内の絵馬
絵馬
拝殿内の絵馬
inserted by FC2 system