尼寺厨神社
にんじくりやじんじゃ

旧社格 村社
所在地
奈良県香芝市尼寺2丁目185

御祭神 主祭神 御饌津大神 (みけつおおかみ)
摂社祭神 菅原道真 (すがわらみちざね) 天満神社
由 緒
旧村社で祭神は御饌大神(「北葛城郡史」は保食神という)。『大和志』の葛下郡神祠大(火)幡神社に「尼寺邑ノ厨ノ祠乃大幡ノ神社ノ摂社也」とあって式内名神大社の境外摂社だと記している。
本殿は流造、一間社銅板葺で、例祭は十月十七日(香芝町史)。
境内石灯籠の中に「奉寄進厨大明神 和州葛下郡尼寺村 寛文十三年□月八日」との刻銘がある。境内社は天満神社で菅原道真を祀る。
     -奈良県史(神社)より-


神社入り口

地図を見て探しました白山姫神社・杵築神社の案内標識はあるのですが、厨神社の案内はありません。火幡神社の摂社だと古社で格式のある神社です。

案内板

鳥居横の立札です

拝殿

狛犬

拝殿
拝殿の絵馬
拝殿内の絵馬
拝殿の絵馬
拝殿内の絵馬

本殿

天満神社(摂社)

摂社の拝殿に絵馬堂の札がかけられています

天満神社の本殿
アオサギの巣
アオサギの巣

境内の上を見上げるとアオサギの巣がたくさんあり、雛の声が盛んにしている。
鎮守の杜がアオサギのコロニーになっている。
inserted by FC2 system