火幡神社
ほばたじんじゃ

旧社格 指定村社・式内名神大社
所在地
奈良県北葛城郡王寺町畠田五丁目

御祭神 主祭神 天児屋根命 (あめのこやねのみこと)
息長帯比売命 (おきながたらしひめのみこと)神功皇后
誉田別命 (ほんだわけのみこと)
玉依姫命 (たまよりひめのみこと)
天照皇大神 (あまてらすすめらおおかみ)
摂社祭神 天押雲根命 (あめのおしくもねのみこと) 若宮神社
由 緒
葛下川西方の森に鎮座。旧村社。『延喜式』神名帳葛下郡の「火幡神社」に比定。大同元年(806)伊予国で10戸の紳封を与えられ(新抄格勅符抄)、天安三年(859)一月二十七日従五位上に昇叙(三代実録)。社伝ではもと火之戸幡姫(ほのとはたひめ)を祀っていたという。『大和志』に『大幡神社』として『大三代実録作火(中略)在畠田山上邑今称八幡与送迎香滝共預祭事又小黒邑白山祠尼寺邑厨祠乃大幡神社摂社也二邑倶属畠田」とあるが、『大幡』とした資料はほかにない。また九条家本『延喜式』はホタと訓ずる。近世には正八幡宮と称し(石燈籠)、畠田大黒垣内の白山姫神社、現奈良県香芝市尼寺の厨神社を摂社としていたと伝え、現拝殿は南西方の明神山にあった大日孁貴(おおひるめむち)を祀った神社から移建下という。
     -寺院神社大辞典より-

境内の案内板
境内の案内板
神社入口
一の鳥居

社標と鳥居に長い参道と大社の風格です。
境内
境内

一段高い位置に拝殿
下に絵馬殿が配置されている
拝殿

拝殿
絵馬殿

絵馬殿

中には氏子からの奉納絵馬が所狭しと並んでいる
狛犬(左) 狛犬(右)
拝殿前の狛犬
本殿
本殿

本殿の向って右側に摂社の若宮神社が鎮座している。
inserted by FC2 system