国府神社
こくふじんじゃ

旧社格 指定村社
所在地
奈良県高取町下土佐字ナマコ山402

御祭神 主祭神 応神天皇 (おうじんてんのう)
配 祀 天児屋根命 (あめのこやねのみこと)
事代主神 (ことしろぬしのかみ)
末社祭神 事代主神 (ことしろぬしのかみ) 恵比須神社
不詳 八王子社
由 緒 
下土佐集落南西に鎮座。旧村社。室町期と推定される扁額に「国府宮」と記すが、一時、八幡社とも称し、明治二五年(1892)現社名に復した。「大和志」に「国府神祠」、文書などには甲大明神と記す。社名と付近のミマヤ・松笠(馬司か)などの小字から社地を大和国府の所在地とする説もある。
     -寺院神社大辞典より-


神社入口

(裏側の参道は、扉がついていて入れません)

鳥居横の社標

この上が境内かと思い登ったのですが、

右側に小さな社がある広場でした。

左側に、まっすぐにのびた参道がつずいていました

本殿

本殿

社殿

狛犬

本殿

神社入口

国府神社の鎮守の壮
inserted by FC2 system