慈光院
じこういん

茶道石州流発祥の寺
所在地
奈良県大和郡山市小泉町

由 緒
「斑鳩の里」に程近い小丘の上に、静かに慈光院はたたずんでいる。坂を上り、深山を思わせる重なり繁った木々の間をあられこぼしの道に沿って歩くと、しっとりとした冷気が快く肌をうつ。片桐且元の古城より移築された茨木城楼門をくぐれば、大きな茅葺の建物が現れる。その中に一歩足を踏み入れたとたん、実に驚くべき大パノラマが展望され思わず声をあげずにはいられない。 一軒田舎の農家を思わせるような空間に雄大な大刈込が横たわり、更に一直線に刈られた刈込の向こうに大和青柿の連峰や奈良盆地が連なって、限りなく豊かな眺めが繰り広げられる。この茶席風の書院に座して一服の茶をすすると、心底からのくつろぎを覚える。そこには石組も灯籠も見当たらない。一見平凡・単調な庭園でありながら、しかもその中に激しい力を秘める禅味あふれた借景と大刈込の庭園である。 慈光院は、寛文三年(1663)片桐且元の甥、石州流茶道の租として名高い片桐石見貞昌(石州)により、父貞隆候の菩提寺として建立された臨済宗大徳寺派の寺院である。名勝史跡指定の庭園や、書院・茶室をはじめとする茶人石州の風格と心やりを知る数多くの文化財が保存されている。この度、木造の素晴らしい本堂も再建された。 大和を旅する人々に生涯忘れえぬ旅愁を刻み付ける名刹である。
    -案内のしおりより-


一之門

石州作 (史跡保存物)

楼門が見える庭

茨木城楼門

片桐且元居城門 (史跡保存物)
inserted by FC2 system