白雲神社
しらくもじんじゃ

旧社格 無格社
所在地
京都府京都市上京区京都御苑内

御祭神 妙音弁財天 (みょうおんべんざいてん)
由 緒
御祭神は妙音弁財天と称え市杵島姫命を祀る。琵琶を家職とする西園寺家に楽紳として伝えられ太政大臣西園寺公経卿北山第(京都・衣笠・大北山の西北現在の金閣寺がその旧址である)の造営にあたり妙音堂を第一に建立、元仁元年(1224)十二月別当成就心院に回向せしめ皇后邦子内親王(安嘉門院)臨御せられたのを奉斎の始とする。増鏡、中務内侍日記、太平記等に当時の風雅なたたずまいがうかがわれるがその後同家の盛衰に伴い変遷あり近古には赤八幡京極寺に鎮座されたと伝えられる。明治六年(1769)前内大臣西園寺公晃卿、前右大臣西園寺賞季卿勅許を賜り同家邸内(当地)に妙音堂を再興、天保十一年(1940)安政四年(1857)の社殿修築に際しては禁中各御所より御寄付を賜り禁裏御祈祷所と定められた。明治から昭和にかけて首相あるいは元老として近代日本の礎を築いた西園寺公望卿が家塾「立命館」を開設したのもこの地である。明治十一年(1878)神仏混済の作法を神式に改め社号を白雲神社とする。
御神徳あらたかなる霊社として崇敬者は京都府下は元より近畿一円にあまねく。
例祭  六月十五日  火焚祭  十一月十日
巳の日祭 毎月巳の日午前七時執行 御参列自由
     -境内立て札より-


神社全景

絵馬堂

絵馬堂の内側

社殿

社殿後方の磐座

参道からの神社
inserted by FC2 system