地主神社
じしゅじんじゃ

旧社格 郷社
所在地
京都府京都市東山区清水1丁目

御祭神 主祭神 大国主命(おおくにぬしのみこと)
素戔嗚命(すさのうのみこと)
奇稲田姫命(くしいなだひめのみこと)
足魔乳命(あしなづちのみこと)
手魔乳命(てなづちのみこと)
相祭神 大田大神(おおたのおおかみ)
乙羽竜神(おとわりゅうじん)
思兼大神(おもいかねのおおかみ)
由 緒
えんむすびの神様
大国主命
地主神社の主祭神である大国主命は因幡の白兎を助けた心優しい神様として、えんぬすびの御利益のある神様です。栗光稲荷さま
栗光稲荷さまは、商売繁盛・家内安全・開運招福の神様です。商売繁盛のお礼を授与いたします。また初午祭が毎年盛大に執行されています。

恋の願かけ絵馬
毎月第一日曜日の縁結び地主祭りで神様に祈願いたします。

はらえど大神様と人形祈願所
はらえど大神様は、心についた不浄をはらい清めてくださいます。病気、交通事故、いじめ、など取り除いてほしいことを人形(ひとがた)に書き、桶の水でおはらいします。

幸福祈願所「しあわせのドラ」
軽く打つと、その心地よい響きが神様に伝わり良縁がいただけるというドラ。春秋の旅行シーズンには、一日中休む暇なくなり続けています。
-参拝のしおりより-


清水寺境内に鎮座縁結びの神

本殿

本殿前は、大勢の若者でごった返している。

本殿(正面)

本殿

右側は、拝殿

恋占いの石

近年、アメリカの原子物理学者・ポースト博士の研究により『恋占の石』が縄文時代の遺物であると証明されました。
占い方は、一方の石から目を閉じて歩き反対側の石に無事たどり着くことが出来らと恋の願いがかなうといわれています。
-参拝のしおりより-
inserted by FC2 system