上賀茂神社
かみがもじんじゃ
所在地
京都市北区上賀茂本山

御祭神 主祭神 賀茂別雷命 (かもわけいかずちのみこと)
境内摂社祭神 玉依比売命 (たまよりひめのみこと) 片山御子神社
高龗神 (たかおかみのかみ) 新宮神社
若宮神 (わかみやのかみ) 若宮神社
奈良刀自神 (ならちじのかみ) 奈良神社
御歳神 (みとしのかみ) 賀茂山口神社
阿須波神 (あすわのかみ) 須波神社
波比祇神 (あひきのかみ)
生井神 (いまいのかみ)
福井神 (さかいのかみ)
綱長井神 (つなながいのかみ)
境外摂社祭神 天鈿女命 (あめのうずめのみこと) 大田神社
賀茂建角身命 (かものたけつぬみのみこと) 久我神社
境内末社祭神 櫛石窓神 (くしいわまどのかみ) 棚尾社
豊石窓神 (とよいわまどのかみ)
罔象女神 (みずはのめのかみ) 川尾社
衣通姫命 (そとおりひめのみこと) 橋本社
底筒男神 (そこつつおのかみ) 岩本社
中筒男神 (なかつつおのかみ)
表筒男神 (うわつつおのかみ)
大山津見神 (おおやまつみのかみ) 山尾社
賀茂玉依比古命 (かもたまよりひこのみこと) 土師尾社
杉尾神 (すぎおのかみ) 杉尾社
素盞鳴神 (すさのおのかみ) 山森社
奇稲田姫神 (くしいなだひめのかみ)
田心姫神 (たごりひめのかみ)
瀬織津姫神 (せおりつひめのかみ) 梶田社
境外末社祭神 猿田彦神 (さるたひこのかみ) 白髭社
船玉神 (ふなたまのかみ) 百太夫社
大国主神 (おおくにぬしのかみ) 鎮守社
少彦名神 (すくなひこなのかみ)
福徳神 (ふくとくのかみ) 福徳社
瀬織津姫神 (せおりつひめのかみ) 藤木社
水分神 (みくまりのかみ) 小森社
天太玉命 (あめのふたたまのみこと) 半木社
由 緒
加茂川の東畔、神山(御生山)を背にして鎮座。平安遷都以前よりこの地に住した賀茂氏の氏神で、祭神として賀茂別雷命を祀る。「延喜式」神名帳の愛宕郡に「賀茂別雷神社(亦若雷、名神大月次相嘗新嘗)」とみえる。正式名称は賀茂別雷神社で、京都市左京区にある賀茂御祖神社を下鴨神社というのに対し、一般には上賀茂神社・上賀茂社という。平安時代、朝廷より伊勢神宮に次ぐ尊崇を受けた両賀茂社は、祭礼・奉幣・行幸などが同日に行われ、合わせて一社の扱いを受ける場合も多い。文献上も両者を賀茂社と総称することが多くあり、区別のできぬ場合がままある。
     -寺院神社大辞典より-


一の鳥居

鳥居から境内を見て、その壮大さに圧倒され京都の神社(朝廷が祀っていた神)の権力を知る思いです。賀茂川の左岸(東側)に鎮座

外幣殿(馬場殿)

校倉

細殿(拝殿)と土屋細殿の前に立砂

拝殿は、ふつう本殿の前にあると思っていたのですが、本殿までに楼門・参拝所などと随分遠いのと少し方角も違うようです。

舞殿から楼門を見る

楼門前から片岡社

楼門

玉橋ごしに楼門の中に参拝所が見えます


土屋からの舞殿・細殿

参道

とにかく広い、広大な芝生の広場だ。二の鳥居から一の鳥居を見たところです。
inserted by FC2 system