静神社
しずかじんじゃ
所在地
京都府京丹後市網野町磯1556

御祭神 静比女命(しずかひめのみこと)
由 緒
悲劇の英雄、源義経の愛妾であった静御前を祀っているのがこの神社です。 静は磯の漁師の娘として生まれ、京に出て、白拍子になり義経に見染められるのですが、義経が追放された後は故郷の磯に帰り晩年を過ごしたということです。  義経が磯の惣太という船持ちの豪族にあてた手紙が残っていたという江戸時代の記録もあります。しかし、この手紙や多くの遺品は天明二年の大火で神社とともに消失してしまい残念ながら残っていません。現在の社も、元の所から西へ二百メートル離れた位置に建てられ、静御前の木像を祀っています。
     -案内板より-

入り口の案内板
神社入口の案内板

これらの案内板がなければ、通り過ぎそうな場所だ。
参道の階段
参道の階段
社殿
社殿
inserted by FC2 system