天龍寺
てんりゅうじ

霊亀山天龍資聖禅寺
臨済宗天龍寺派大本山
世界文化遺産
所在地
京都府京都市右京区嵯峨天竜寺芒ノ馬場町68

御本尊 釈迦如来
由 緒
天龍寺。臨済宗天龍寺派大本山。正しくは霊亀山天龍資聖禅寺で、京都市右京区嵯峨に位置する。
1339年(暦応二)、吉野で亡くなった後醍醐天皇の菩提を弔うために、足利尊氏が夢窓国師を開山として創建した。この地は、檀林皇后(嵯峨天皇の后)が開創した檀林寺のあったところで、のちに後嵯峨上皇の仙洞御所・亀山殿が営まれた。後嵯峨天皇はここで幼少期を過ごした。夢窓国師は堂塔建立の資金調達のため、『天龍寺船』による中国・元との貿易を進言し、1343年(康永二)にほぼ七堂伽藍が整った。夢窓国師の門流は隆盛し、天龍寺は京都五山第一位の寺格を誇った。創建以来、天龍寺は1356年(延文一)をはじめ、八回の大火に見舞われ、現代の堂宇の多くが明治期の再建。夢窓国師による庭園(曹源池)は、国の史跡・特別名勝第一号に指定、1994年(平成6)世界文化遺産に登録。
     -参拝のしおりより-

 
勅使門

総門(山門)

八幡神社

本殿

正面が庫裏(本堂参拝受付)

庭園入口を入った所

庭園からの大方丈

この建物は方丈と称し、禅宗様式伽藍の一つで住職の居室であります。中央に祭られている本尊様は藤原時代作の釈迦如来像です。天龍寺は創建以来六百五十年間に八回の火災がありましたが、このお釈迦様はその火難を蒙らず現存されている天龍寺に祀られている仏様の中で最古のとおとい仏様です。
-立て札より-

大方丈横の庭園

曹源池
史跡特別名勝

当寺開山夢窓国師(西紀1339年)の作庭にして右手遠景愛宕山、小倉山正面亀山、左手嵐山等を借景した池泉回遊式庭園である。正面三段の滝組は龍門の瀧と称する。(鯉魚は天に登って龍となるとの譬の如く、登龍門は難関を突破して事を成就するの意)、中国唐宋時代の枯墨山水書と州浜形の大和絵風との調和に依る優れたる庭園である。
-立て札より-

曹源池と大方丈・書院

大方丈からの曹源池

書院前からの曹源池

書院

多宝殿

この地は禅宗最初の道場檀林寺の旧跡にして後嵯峨、亀山両天皇が離宮を造営せられた所で後醍醐天皇が御幼少の頃勉学せられ御成人せられた跡です。延元四年(1339)天皇が吉野の行宮ではるか京都を望みお隠れになったので光厳上皇は院宣を下して御菩提のために離宮を革めて禅刹天龍寺とされました。創建以来八回の火災に遭い、昭和九年当時の官長精拙和尚が現在の聖廟多寶殿を完成しました。建築様式は吉野朝時代の紫宸殿づくりで中央に後醍醐天皇の御尊像を両側に歴朝天皇の尊碑が奉安してあります。

多宝殿

後嵯峨天皇・亀山天皇の陵

天龍寺塔頭

慈済院来福門

天龍寺塔頭

慈済院弁天堂
inserted by FC2 system