東寺
とうじ
所在地
京都市南区九条町

御本尊 薬師如来
由 緒 
平安京遷都(794)に伴い、西寺と共に造営された二大官寺の一つで、境内は国指定史跡。
弘仁14年(823)、唐の留学で真言密教を学んだ空海が、高野山を開き嵯峨天皇から東寺を勅賜され、飛躍的な発展をし、五重塔・講堂などの伽藍を次々と整備。真言密教の一大霊場としての展開を見た。


南大門

九条通りに面した大門

南大門

三十三間堂の西大門を移築

八島社殿

祭神は東寺の地主紳とも、大己貴神とも言われる。八嶋社と言うのはわが国を大八洲瑞穂国と言うところから起こった社号である。それゆえこの社は東寺以前より鎮座されており、弘法大師はこの神の夢想を破ってここに伽藍建立に先立ち、この神へ寺門造立成就、方位安全、法道繁盛の祈願をされ、地主紳とあがめられたと伝えられる。

食堂

拝観受付の手前にあり、休憩室を兼ねている。

境内の庭園

講堂・金堂の横に広がる庭園

東寺の五重塔 (国宝)

瓢箪池越しの五重塔
東寺の象徴として広く親しまれている五重塔は、天長三年(826)弘法大師の創建着手に始まりますが、しばしば災火を受け、焼失すること四回に及んでいます。現在の塔は寛永二十一年(1644)徳川家光の寄進によって竣工した総高55mの、現存する日本の古塔中最高の塔です。全体の形も良く、細部の組み物の手法は純和様を守っており、初重内部の色彩も落ち着いて、江戸時代初期の秀作です。
inserted by FC2 system