白山神社
はくさんじんじゃ

旧社格 無格社
所在地
奈良県奈良市北ノ庄町429

御祭神 主祭神
大山祇命 (おおやまつみのみこと )
末社祭神 保食神 (うけもちのかみ) 稲荷神社
由 緒
本神社の創祀の時代は定かでないが、白山信仰は加賀・越前・美濃・飛騨4か国にまたがって、そびえる白山に淵源する。
白山はその神々しい山容に対し、おのずから心霊の宿る山として、自然発生的に信仰が芽生えた。現在全国各地に鎮座する白山神社・白山比咩神社の分社として、当神社は、地域の氏神として崇敬され、創建されたとされている。
     -境内の立札より-

神社入口
神社入口

五徳池の南に鎮座
拝殿
拝殿
玉垣内
玉垣内

本殿と左側に稲荷社
本殿
本殿
inserted by FC2 system