御前原石立命神社
みさきはらいわだてのみことじんじゃ

旧社格 指定村社・式内社
所在地
奈良県奈良市古市町294-1

御祭神 主祭神 御前原石立命 (みさきはらいわたてのみこと)
末社祭神 天児屋根命 (あめのこやねのみこと) 春日神社
崇道天皇 (すどうてんのう) 御霊神社
高靈神 (たかおかみのかみ) 龍王神社
辰巳明神 (たつみみょうじん) 辰巳神社
火産霊神 (ほむすびのかみ) 三宝荒神社
興津彦命 (おきつひこのみこと)
興津姫命 (おきつひめのみこと)
八重事代主命 (やえことしろぬしのみこと) 西之宮神社
猿田彦命 (さるたひこのみこと)
大国主命 (おおくにぬしのみこと)
天忍穂耳命 (あめのおしほみみのみこと) 五社神社
天穂日命 (あめのほひのみこと)
天津彦根命 (あまつひこねのみこと)
活津彦根命 (いくつひこねのみこと)
熊野久須美命 (くまのくすみのみこと)
市杵島姫命 (いちきしまひめのみこと) 厳島神社(境外末社)
由 緒
近鉄奈良駅発バス山村町行きで東市小学校前下車、西へ約百メートル。古市町の中央部、古市城跡西に鎮座する。祭神御前原石立命、『大和志』神廟に「御前社原石立命神社在古市村」として、『延喜式』神名帳登載の式内社としている。
本社は三殿あり、主神を中央に右殿は御霊神社で崇道天皇と早良親王を祀り、左殿は春日神社で天児屋根命を祀る。『式内社調査報告』で大東延和氏は灯籠銘の「山神之御前」や神社名の「石立」から磐座を中心とする山の神を本来古市地方人が当社祭神として崇敬、平安末に入ってから春日神社との関係が生まれたのでないかといわれている。
他の境内社として五社明神(天忍穂耳命・天津彦根命・活津彦根命外二神)、竜王神社(高オカミ神)・西宮神社(八重事代主命・猿田彦命・大国主命)・辰巳神社(辰巳大明神)・三宝荒神(火産霊神)が鎮座する。
     -奈良県史(神社)より-


参道からの景観

県道188号線沿いの東市小学校の西に鎮座

社殿

本殿

春日神社・本社・御霊神社


狛犬

境内社

西宮神社(左側)
龍王神社(右側)

境内社

五社明神

境内社

巽 神社

境内社

三宝荒神社
inserted by FC2 system