添御縣坐神社(歌姫)
そうのみあがたにいますじんじゃ

旧社格 指定村社・(式内大社?)
所在地
奈良県奈良市歌姫町御県山999

御祭神 建速須佐之男命 (たけはやすさのうのみこと)
櫛稲田姫命 (くしいなだひめのみこと)
武乳速命 (たけちはやのみこと)
由  緒
祭神・速須佐之男命は皇祖・天照大神の弟神、櫛稲田姫命は、須佐之男命によって八岐大蛇の難をのがれ、命の妃となった姫神。武乳速命は添の御縣の地の祖神です。
延喜式の祈年祭の祝詞によると、御縣の神は代々天皇の御膳に献上したと記されています。また祭神・櫛稲田姫の神名は「奇(く)し稲田」が原義でその神格は農の神であります。
当神社は、大和平野中央を貫く古代の下つ道の北端に位置します。そして、大和から歌姫超えで諸国へ旅をする際に、国境に鎮座する手向けの神として尊崇されていました。万葉集に左大臣・長屋王の詠んだつぎの歌があります。

佐保すぎて  享楽の手向けに  置く幣は
妹を目離れず 相見しめとぞ

この歌は、大和と山城の国境 の神、添御縣坐神社を拝し、旅の安全を祈念したものと考えられます。
当神社は、格のある式内社・御縣社の一つとしてだけでなく、農の神、旅の神として崇敬されてきました。江戸時代には、「牛頭天皇社」「八王子社」として除災・治病の神としても信仰されてきました。
     -神社の案内板より-


神社入口

拝殿

境内

境内から入口
inserted by FC2 system