瑜伽神社
ゆうがじんじゃ

旧社格 無格社
所在地
奈良県奈良市高畑町1059

御祭神 主祭神 宇伽之御魂大神 (うがのみたまのおおかみ)
摂社祭神 瑜伽大神和魂 (ゆうがおおかみのみぎみたま) 飛鳥神並社
末社祭神 猿田彦社
久延彦社
一言稲荷社
沿 革
上古飛鳥神奈備に飛鳥京の鎮守として齋き奉っていたのを、平城遷都と共に此地に遷し祀って現在に及んでおります。それでこの辺りを奈良の飛鳥といいます。もと元興寺の鬼門除けの鎮守として崇められ更にその守護神として藤原氏等の厚い崇敬がありました。
御事暦
別名を豊受大神とも申し伊勢の外宮に鎮まり座す大神と御同神で在らせられます。即ち一粒の種から万倍の豊穣をもたらすように小を大に導き無から有を生んで下さる広大無辺の御神徳をおもちの大神で、それ故縁結び、子孫繁栄商売繁昌等福徳を招来して人間生活の一切を倖せにして下さっています。
-境内案内板より-
由 緒
春日大社一の鳥居の南、荒池の南に接する瑜伽山の山頂部に鎮座。祭神は宇伽之御魂大神。社伝によれば、平城遷都に際し元興寺と共に奈良に遷された飛鳥の神奈備で、元興寺禅定院の鬼門除鎮守社として今宮と称した。中世、禅定院内に興福寺大乗院が移るに伴いその鎮守社となり、社名も興福寺が重んじた瑜伽の宗論にちなんで改名したという。享保十五年(1730)の『奈良坊目拙解』には記載されておらず、現社殿の造営はそれ以後とみられる。境内は桜・紅葉の名所として知られた。瑜伽山はかって西方院山とよばれた低丘陵で、南に奈良盆地を一望する。文安元年(1444)古市胤仙によって西方院山城築城が計画されたが放置され、文明十一年(1479)に築城されたものの完成三日後の同年十月二日に筒井勢に攻められて焼亡、その後西方院山は奈良の寺院の沙取場となった
(大乗院寺社雑事紀)。
前身と伝える今宮は、「大乗院寺社雑事記」延徳二年(1490)四月十六日条に『今宮殿釿始』とみえ、大乗院主尋尊が『当社五所神鏡事、来二一日奉勧請鬼薗山」という長者宣を得て創祀したもので(同書同年六月五日条)、大乗院園地の南・東・北に新たに今宮参道も設けられた(同書同年六月十九日条)六月二十一日に遷宮の儀が執り行われ、拝殿には『今宮勧請後、尋尊は毎月一日・十一日・二十一日と節供の日の参詣を欠かさず行っている(同書)。五所大明神とは春日四所と若宮のことと考えられるが、今宮勧請の事情については『大乗院寺社雑事紀』になんら触れるところがない。また鬼薗山に勧請したとあることから、社地は西方院山の西に続く丘(現奈良ホテル敷地)にあった可能性もある。ちなみに西方院や魔性端部、現瑜伽神社北西には大乗院第十二代覚尊を祀った新宮社があった(『小五月御指図』)天理図書舘蔵)。
     -寺院神社大辞典より-


神社入口

ならホテルの東側の山麓に鎮座周辺は住宅地になっていてわかりづらかった。

参道

急な階段がそうとう続く。やっと社殿が見えたところで、ほっと一息。

飛鳥神並社

瑜伽大神の和御魂を齋き祀るとあります

本殿

祭壇前は、さほど広くなく両脇に境内社が祀られている。扁額には「瑜伽本宮」となっている

猿田彦社と久延彦社

本殿に向かって左側

一言稲荷社と飛鳥の御井

祭壇手前右側
inserted by FC2 system