皇子神命神社
みこのかみのみことじんじゃ

旧社格 村社・式内社
多坐弥志理比古神社の境外摂社
所在地
奈良県磯城郡田原本町多字三ノ宮245

御祭神 皇子神命 (みこのかみのみこと)
由 緒
近鉄橿原線笠縫駅南西1.5キロメートルの地に鎮座。多坐弥志理比古神社の摂社で、本社の西南にある。祭神は皇子神命、『大和志』に、「今称若宮」とあるが、『延喜式』神名帳に式内社として登載されている。江戸期の『大和志』に若宮と称すとあるのは多神社の若宮との意味であるが、式内社になった当時多の神の子神であったであろうと志賀剛の『式内社の研究』にある。古来多社の四皇子神の一社といわれている。
     -奈良県史(神社)より-

神社全景
神社全景

多坐弥志理比古神社の南小杜神社の南側に鎮座
社殿
社殿

周辺が整理されて明るい境内になっている。
案内板
inserted by FC2 system