笠山荒神社
かさやまこうじんじゃ

旧社格 無格社
所在地
奈良県桜井市笠(笠山 鷲峯山)

御祭神 興津彦神(おきつひこのかみ)
興津姫神(おきつひめのかみ)
土祖神 (はにおやのかみ)
由 緒
笠の荒神と称し、笠の中垣内の西端、標高480メートルの山中にある旧無格社で、興津彦・興津媛・土師神を祀る。明治の神仏分離で竹林寺から本殿を笠山山頂に遷座、カマドの神として庶民信仰が篤い。春日造・檜皮葺の本殿内の岩座に木造極彩色玉眼の御神体二体が並ぶが、後背に「竹林寺現在尊雅字春憲」や弟子・勧誘主・彫刻者名の外、享保十七年(1732)の銘がある。毎月二十八日例祭。境内入口に海尊銘の不動石仏がある。
     -奈良県史(神社)より-


駐車場横の鳥居

裏参道

この階段を上ればいよいよ拝殿が目の前にあります。鳥居の横に下の縁起書石碑が建っています

縁起書石碑

拝殿

二人の女性が、熱心にお祈りをしていました。

表参道にあった境内社

表参道

左側が閼伽井不動尊右側の鳥居をくぐる参道

閼伽井不動尊
(あかいふどうそん)

閼伽井不動尊

荒神参拝の前にここで身を清めたそうです

閼伽井不動尊

駐車場前の休憩所

裏庭が花壇で飾られていて、遠景ものどかな田園が広がっています。
inserted by FC2 system