天満神社(柘植)
てんまじんじゃ

旧社格 指定村社
所在地
奈良県桜井市笠2410

御祭神 御祭神 菅原道真 (すがわらみちざね)
御祭神 天照皇大神 (あまてらすすめらおおかみ) 皇大神社
大物主大神 (おおものぬしおおかみ) 琴平神社
滝蔵権現 (たきくらごんげん) 滝蔵神社
火産霊大神 (ほむすびのおおかみ) 愛宕社
由 緒
笠山荒神へ登る道の北側入り口に鎮座する旧指定村社で、菅原道真を祀る。
社伝によると建長八年(1256)竹林寺の執行膝円の創祀と伝える。本殿は流造・桧皮葺で朱塗。境内社は滝蔵神社(滝蔵権現)と琴平神社(大物主命)と愛宕神社(火産美大神)と皇大神社(天照皇大神)。境内の石臼に貞享二年(1685)御供田東 寄進山田氏の刻銘がある。 例祭は十月二十五日。
     -奈良県史(神社)より-


神社入り口

参道

境内

本殿

境内社

瑞垣前右側に鎮座

境内社

瑞垣前左側に鎮座

拝殿前の狛丑
inserted by FC2 system